東急東横線武蔵小杉、新丸子駅近くの【最高品質】スペシャルティコーヒー豆専門店|SHIBACOFFEE(シバコーヒー)
 
ホーム 組織概要 MENU お問合せ
ホーム 組織概要 <?=$option_title_esc ?> お問合せ
 
2020/03/14
【3月の新豆情報◆Дぅ鵐疋優轡 マンデリン オナンガンジャン種】

インドネシア「マンデリン」が新しい銘柄に変わりました!

★インドネシア マンデリン オナンガンジャン種
・・・パパイヤの様なまったりな果実感としっかりっとしたコク、甘味と苦味とハーブ感が同居するクリーンでかつ濃厚な味わい。

一言で表現するなら深煎りでも「甘いマンデリン」です♪

この『マンデリン』という銘柄は日本でも昔からファンの多いコーヒー豆です。
特に団塊の世代くらいのコーヒー好きには「マンデリンさえあれば良い」という程に惚れ込んでる方も珍しくないです。
それ程に他の産地のコーヒーの個性とは異なるオリジナルの魅力溢れるコーヒー豆の産地です。

しかしならがらこの「スマトラ島」のコーヒー豆は
某「スターバックス」がアイデンティティの一つとして拘り続ける銘柄でもあります。
数年寝かせてスパイシーさを際立たせる、某社が「エイジドスマトラ」と呼ぶ豆は
「アニバーサリーブレンド」や「X‘masブレンド」に必ず使用する程に重視しています。
そして今や全世界で「30,000店舗」を擁する巨大チェーンとして君臨する某社の店舗網に安定供給する為に
この「マンデリン」のコーヒー豆を買い占めている現状があります。

だから正直国内で入手できる「マンデリン」豆の中には、その独特の個性が弱い物でもそれなりに高級品として扱われている現実があります。
需要と供給のバランスの中で「希少価値」が生じればそれも致し方ない事です。

そういう「インドネシア マンデリン」という産地を取り巻く状況の中で
当店の仕入れ先は、意欲的な輸出管理業者と長年に渡り信頼関係を築くことで、大手の動きに左右されることなく安定して最良質な「マンデリン」を仕入れることが出来ています。

これは焙煎豆を販売する「ロースター」の立場からすれば本当にありがたいことです。
生豆の欠点豆除去も、現地で通常よりも念入りに施してもらうスペシャルオーダーを行う事で日本でのハンドピックの手間の軽減にもつながっています。

ちょっと説明が長くなりすぎましたが
要は世界トップレベルの「インドネシア マンデリン」のコーヒーを楽しめるコーヒー店が川崎の新丸子にありますという事ですw

皆さんぜひハイエンドスペシャルティグレードの
『インドネシア マンデリン』
のコーヒーをお楽しみくださいね♪
 
戻る


Copyright (C) 2012 SHIBACOFFEE