東急東横線武蔵小杉、新丸子駅近くの【最高品質】スペシャルティコーヒー豆専門店|SHIBACOFFEE(シバコーヒー)
 
ホーム 組織概要 MENU お問合せ
ホーム 組織概要 <?=$option_title_esc ?> お問合せ
 
2020/01/18
【1月度新豆情報◆Д灰好織螢 サンホセ州ドタ市 オルティス2000】

当店を代表する産地のコーヒーが「新年度」の豆に切り替わりました!

★コスタリカ サンホセ州ドタ市 オルティス2000
・・・標高2000mの超高地環境が生み出す、ミルクチョコの様ななめらかなコクと、柑橘の綺麗な酸の後に続くはちみつの様なまったりとした甘みの余韻

コスタリカのみならず、グァテマラをはじめ中南米全域を見渡しても「標高2000m」超える栽培地は本当に貴重です。

特にコスタリカでは、ほんの数年前までは最高ランクの素材でも標高の上限は1800m程であり、当店に入荷していたものも1600m程の農地も多かったです。
それはコスタリカが、グァテマラやコロンビアの様にコーヒー栽培により適した高い山が多くあり高標高の栽培地がたくさんある環境とは異るが故でした。

しかし、味わいの向上を積極的に目指す意欲的な生産者達が
徐々により高地の農園を開拓する様になり、
ついにはコーヒーの木の生育する上限域である「2000m」の農地の開拓に着手し、
それが流通するようになったのが5〜6年程前からという事になります。

コーヒーの味わい深さにつながる条件としては標高が全てではないですが、条件の一つとしては「寒暖差」がとても重要になります。
昼間日光を浴びて養分を育んだコーヒーの実が
夜に寒くなるとしっかりと実の中に旨味を閉じ込めます。
標高が上がるとその寒暖差が大きくなるのです。

そして実際にこの、代々コーヒー農園を営む一家の現当主オマール・カルデロン氏のお嬢さんである3姉妹が管理する
★「オルティス2000農地」
の豆は本当に魅力の詰まった味わいであり
当店のお客様の間でも「指名買い」が一番多い銘柄です。

甘味とまろやかな口当りの印象がずっと長く口の中に残りいつまでも余韻が楽しめます。
冷めても濁らずむしろ冷めてからが本領を発揮する印象で
深煎りでなくとも「アイスコーヒー」にして凄く美味いです。

当店としても基軸豆として欠かせない素材です。
恐らく1人のロースターとしては世界で一番この農園を愛してるといっても過言ではありませんw。

店主がそれ程までに惚れ込むコーヒーの味わいをぜひ一度お試しください♪
 
戻る


Copyright (C) 2012 SHIBACOFFEE