東急東横線武蔵小杉、新丸子駅近くの【最高品質】スペシャルティコーヒー豆専門店|SHIBACOFFEE(シバコーヒー)
 
ホーム 組織概要 MENU お問合せ
ホーム 組織概要 <?=$option_title_esc ?> お問合せ
 
2019/12/26
【12月度新豆情報:コスタリカ ドタ市 サンタテレサ2000農園〈ティピカ種100%〉】

新年にふさわしい『エレガント』な香味のコーヒー豆がSHIBACOFFEEに届きました。

★コスタリカ ドタ市 サンタテレサ2000農園【ティピカ種100%】
・・・標高2000mの貴重なティピカ種、クリーンでじんわりとした甘味、シルクの様な滑らかでやわらかいコクとやさしい柑橘の酸、明るく上品でフローラルな香り。

【ティピカ種】は実は日本人が大好きな「ブルーマウンテン」や「ハワイコナ」の品種でもありますが
そのやわらかい口当りや優しいスッキリ感は品種の特製由来でもあります。
ただしティピカ種は病気や気候変動に弱く大量生産に向かない為に
近年は他の品種の木に植え替えられることが増えました。
その希少なティピカ種を、標高2000mの厳しい環境で
本当に丁寧に育て上げたのが今回のロットの豆になります。

コスタリカでは元々、大規模な農園や農協によるコーヒー生産が主流で
収穫したコーヒーチェリを精製する手段のない小規模生産者は
農協などに持ち込んで買い上げてもらうのが一般的でした。

しかし21世紀に入り「コーヒーの品質が正当に評価される」時代になるにつれて
コスタリカでは小規模農園ながらも品質の高いコーヒーを生産するために
自前で小型のミル(精製工場)を設立する志の高い生産者が増えてきました。
こうした小規模なミルをコスタリカでは「マイクロ・ミル」と呼びます。

そうした流れの中「サンタ テレサ 2000農園」のオーナーのロヘル氏は
父から譲り受けた農地を尽力して発展させて2014年にはマイクロミルを設立させたのです。
正直いかつい見た目のロヘル氏ですがw本当に繊細な心配りを行うコーヒーの作り手であり
全てはその味わいに表現されていると感じます。

当店では、甘みの奥行きを重視して「シティロースト/中深煎り」の仕上げました。

価格的には決して安くはないコーヒーですが
新年にふさわしいエレガントな味わいを、ぜひお試しになってください!
 
戻る


Copyright (C) 2012 SHIBACOFFEE