東急東横線武蔵小杉、新丸子駅近くの【最高品質】スペシャルティコーヒー豆専門店|SHIBACOFFEE(シバコーヒー)
 
ホーム 組織概要 MENU お問合せ
ホーム 組織概要 <?=$option_title_esc ?> お問合せ
 
2019/11/10
【11月度新豆情報:ブラジル シティオ・ポンテ・フンダ農園(ナチュラル精製)】

久し振りのブラジル豆はとても甘いコーヒーでした。

★『ブラジル シティオ・ポンテ・フンダ農園(ナチュラル精製)』
・・・まろやかな甘味と非常にクリーンな後味、良質なカカオの香ばしさとしっかりとしたコク。

鮮度と美味しさを保つ為にパッケージはアルミの真空パックで届きます。

大規模農園の多いブラジルではコーヒーチェリーの収穫も、全体の7〜8割のチェリーが赤くなってきたところでコンバインで一気に行う方法が一般的です。
高い山のないブラジルの農地はなだらかな丘陵地帯が多い為に機械化が可能なのです。
そして収穫後にカラー選別機で自動的に緑のや赤い実に選り分けます。

しかしこちらの農園ではブラジルでは珍しく、コーヒーチェリーの熟度具合を見極めながら丁寧に「手摘み」で収穫します。
そしてその手間をかけた細やかな管理は見事に味わいに反映されてます。

かなり良質なブラジル豆でも、冷めてくると少しにごりや渋みを感じることもあります。
日本人の多くが思っている「香ばしくて苦くて濃い」というコーヒー感は、昔の一般的なブレンドコーヒーにはほぼ必ずそれなりのランクのブラジル豆がベースに使われていたことも大きいです。
今でもコンビニコーヒーやインスタントコーヒーのほとんどにはやはりブラジル豆は欠かせません。

しかし今回のベネディート・アレンカル・マルコンデス氏の育てるコーヒーは冷めてもクリーンさと甘味が際立ちます。

皆さんのブラジルコーヒーの印象が変わるかもしれない逸品ですよ!!
 
戻る


Copyright (C) 2012 SHIBACOFFEE