SHIBACOFFEE(シバコーヒー)
 
ホーム 組織概要 MENU お問合せ
ホーム 組織概要 <?=$option_title_esc ?> お問合せ
 
2019/03/02
【3月の新豆情報:コロンビア ノルテ・デ・サンタンデール県 タママウンテン】

久しぶりにコロンビアは「北部エリア」のコーヒー豆が入荷しました!

★コロンビア ノルテ・デ・サンタンデール県 タママウンテン
・・・ティピカ種由来のなめらかで優しく豊かなコク感と甘味もある柑橘の果実感に柔らかい口当り。
〈シティロースト/中深煎り〉と〈フレンチロースト/深煎り〉をご用意してます。

当店はナリーニョ県を中心に「南部エリア」の比較的どっしりとした味わいのコロンビア豆を使う事が多いです。
これはスッキリとした酸味を感じる味わいは中米のコスタリカやパナマにも多くあり、せっかくコロンビアコーヒーを扱うならば南部の赤道直下エリアの寒暖差の大きさが育むしっかりとした味わいを楽しみたいと思っての事です。

今回入荷した「タママウンテン」はコロンビアの北東エリアでベネズエラとも国境を接する栽培地で、2年前に仕入れた時の印象はやはり「軽やかさでスッキリ」の印象が強かったです。

ですが今回は自分自身のコアな好みで選ぶだけでなく、たまにはお客様にコロンビア豆の味わいの多様性を感じてもらうのも良いかな?という想いで発注したのですが・・・今期のタママウンテンは良い意味で予想を裏切る魅力あふれる味わいでした!!

「なめらかで優しく豊かなコク感」と「深煎りでもなお残る爽やかな柑橘の香味」が同居する印象で、正直
・シティロースト:¥1,400‐/200g
・フレンチロースト:¥1,450‐/200g
の価格以上に魅力あふれるグッドバランスコーヒーです。
 (やっぱり少し値上げしようかな?w)

今朝の「HOTコーヒー飲み比べ」のセミナーでも好印象を覚える方が多かったですね。
ある参加者さんの言葉を借りると
「自分はコーヒーの酸味があまり得意ではなく、深煎りコーヒーを多く飲んでいた。でもこのコロンビアは口に入れた瞬間に刺激的な酸っぱみが来るのではなく、まず甘みと柔らかい口当りを感じて、その後に爽やかな酸味が来るのでこういう酸味は美味しいと思った」
と表現してくださいましたが、この味わいの魅力が少しは伝わるでしょうか?

残念ながら今回入荷した1Bag(35kg)でもう仕入れ先在庫は終了してしまってますので、ご興味ある方はぜひお早めに体験しに来てくださいね。 
新丸子でお待ちしてますよ♪

 
戻る


Copyright (C) 2012 SHIBACOFFEE